ごあいさつごあいさつ

はじめに

本園は、大正13年4月に本多由三郎氏が創設した、歴史と伝統のある岡崎女子短期大学の付属幼稚園です。本学園の始まりの幼稚園であり、創立時より幼児教育の理想の姿を求めて、一歩一歩実績を積み重ねてきました。幼稚園教育要領に示された幼児教育のねらいに即し、園児の実態を把握した上で望ましい経験や活動を通して、期待される人間像の芽生えを育てる教育を行っています。大学との密接な連携をとり、幼児教育の正しいあり方を常に研究し、保育しています。
子ども一人ひとりを見守り、個性の伸長を図るために、職員が一丸となって教育活動に努めています。また、保護者及び地域の人々との連携を常に視野に入れて、今後の社会に適応する自主性・社会性・創造性を備えた子どもの育成に取り組んでいます。

園長ごあいさつ

嫩幼稚園にあふれているもの
・子どもの笑顔
・子どもの声
・子どもの歌
・子どものユーモア
・子どものアイデア
・子どもの遊び
《子ども自身が考えて遊んでいるから人とかかわって感情豊かに楽しんでいます。 》

一人ひとりがそれぞれ違った輝きを放つ子ども達。誰もが大切にされ、愛情いっぱいに育つべき存在です。どの子も苦手なものがあり、素敵な力を持っています。子どもを取り巻く大人たちが注ぐ愛情を感じながら、それを一つ一つ自信に変え、人として長い道のりを生きていく知恵や力を身につけていきます。幼児期はその人間性を培う大切な時期です。
初めての集団生活の中で友だちの存在を感じ、日々、生活する中で生きていく術を学んでいるのです。時には、つまずくことも悩むこともあるでしょう。けれども誰もがそれを経験し、先生や仲間の存在で救われ、元気になっていきます。
幼稚園生活の中で季節を感じ様々な体験を通して、一人ではないことを仲間の中で感じ、自信や勇気に変えていくことができます。保護者のみなさまと子どもの小さな成長も喜びながら、楽しく子育てできるお手伝いをしたいと考えています。

嫩幼稚園 園長 小原 幹代

嫩幼稚園のあゆみ嫩幼稚園のあゆみ

大正13年 4月 現嫩幼稚園の前身として発足
大正15年 4月 嫩幼稚園創立
岡崎市亀井町の一乗寺裏仮園舎で開園
昭和 3年 4月 幼稚園として認可される
岡崎市八帖町向田91に園舎新築
昭和26年 6月 現在地(岡崎市魚町1-8)に新築移転
昭和40年 4月 岡崎女子短期大学付属嫩幼稚園と改称
昭和55年 9月 玄関から東側の鉄筋2階建の園舎新築
平成15年 3月 国旗掲揚塔新設
平成18年 9月 耐震工事完了
平成23年 7月 門扉改修工事
平成26年 5月 全保育室エアコン設置

ページの先頭へ

ページの先頭へ