最新情報

「インクルーシブ教育士」(発達障がい専門支援員)の学内認定資格について

岡崎女子大学では、2020年度入学生より、「インクルーシブ教育士」(発達障がい専門支援員)の学内認定資格を創設します。

「インクルーシブ」とは、多様性を尊重し、誰もが排除されない、「包み込む」という意味です。

今、保育・教育の現場では、先生や友達の話を聞くことのできない子ども、みんなと一緒に行動することが苦手な子どもなどに対して、それぞれにふさわしい関りができる力のある保育士・教諭が求められています。

岡崎女子大学では、子ども一人一人の違いを大切に尊重しつつ、その場にふさわしい在り方を自分で考え、工夫することのできる力を持つ人材の養成を目指し、子ども教育学科幼児教育・保育コースの中の認定カリキュラムを修了した場合に、「インクルーシブ教育士」の称号を付与することとしています。

c19082601.JPG

PDF 680KB

一覧へもどる

ページの先頭へ

ページの先頭へ