最新情報

岡崎女子大学創立記念日に思うこと

岡崎女子大学・岡崎女子短期大学  学長 林 陽子 

 11月8日は岡崎女子大学の創立記念日です。この意義深い日に思いを寄せて今の気持ちをお伝えしたいと思います。
 およそ6年半前の2013年(平成25年)4月に岡崎女子大学は開学しました。「産みの苦しみ」とは、よく言われる言葉ですが、岡崎女子大学の開学にも筆舌に尽くしがたい苦労がありました。しかし、「三河に保育者・教育者を養成する4年制大学を設立したい」という関係者の情熱と、半世紀にわたって保育者をはじめ多くの有為な人材を輩出してきた、岡崎女子短期大学の創立者である本多由三郎先生の「いつか4年制大学を開学したい」という強い思いを受け継いだ方々の努力によって、岡崎女子大学は誕生しました。
 岡崎女子大学の建学の精神は「自己実現と社会貢献」です。この建学の精神は、本学に学ぶ学生の学びの規範でもあり、教職員の教育の目標でもあります。
 私は、学内のあちこちに掲げられた「自己実現と社会貢献」の文字の奥に大学の魂を感じます。それは、岡崎女子短期大学の建学の精神の大切なエッセンスである「自由と創造」のもつ深淵な価値です。本学に集う全ての人々が、この魂を感じ取っていただけることを願っています。
 昨年に続き、今年も学生を対象に「建学の精神と私」というタイトルでエッセイコンクールを催しました。一人ひとりの学生が、自ら学ぶ大学の建学の精神を、自らのことに引き付けて考え表現してくれること、すなわち大学の教育目標である「自分の心で感じ、自分の頭で考え、自分の言葉で表現する」機会をもってほしいと期待したからです。各学年の受賞作品をご紹介しますので、お読みいただければ幸いです。
 これからも、岡崎女子大学は建学の精神をバックボーンとして、自らを発展させ社会に貢献してまいります。皆様には引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


「建学の精神」エッセイコンクール 受賞作品はこちらをご覧ください。

岡崎女子大学創立記念日に思うこと:画像1
岡崎女子大学創立記念日に思うこと:画像2
岡崎女子大学創立記念日に思うこと:画像3
岡崎女子大学創立記念日に思うこと:画像4

一覧へもどる

ページの先頭へ

ページの先頭へ