目的

  • 〇三河地区で働く保育者の保育の質の向上を目指す。
  • 〇保育内容、保育環境、保育実践の共有を図る。

基本コンセプト

  • 〇現代の保育ニーズに応える学びの場とする。
  • 〇学生の保育力を高め、現場とつながる。
  • 〇共に支え合い、共に学ぶ。

さんぽの会とは

岡崎女子短期大学のネットワークを生かし、三河地域の保育の質の向上を目指して保育者と保育現場と大学がつながりながら学び合う場にしたいと考えています。
これからの社会を担う子ども達を育てていくために、一人一人の保育者の保育の質の向上を目指し、さまざまな形でお互いに高め合ってつながっていくことができればと考えます。

研修会、事例検討会、ワークショップ、保育参観等、会員になっていただいた皆様のニーズに合わせて企画していきたいと思います。また、会報による情報発信も計画しております。学生のより実践的な学びの場や潜在的人材の発掘につながることも期待しています。

「保育の“いま”を学びたい」「先輩や後輩の話が聞きたい」「気軽に学べる場がほしい」などそれぞれの思いをもってご参加ください。
「三河保育研究会」通称「さんぽの会」の会員になって保育のスキルアップをめざしましょう!

入会フォーム

ページの先頭へ

ページの先頭へ