ごあいさつごあいさつ

夢中になって遊ぶ中で夢中になって遊ぶ中で

第二早蕨幼稚園は、昭和48年4月に本多由三郎先生により創立されました。園の所在地は、岡崎市の南方の菅生川原付近を望む洞町の高台に位置し、敷地面積として約9787㎡に、創立当初は、3階建ての園舎を擁する学校法人清光学園岡崎女子短期大学付属の幼稚園として、歴史と伝統のある自然に囲まれた環境の中で、幼児の心身共に健やかな成長を目指し現在に至っています。

平成23年3月、学校法人清光学園評議員会・理事会において、創立40周年記念事業として新園舎計画の承認を受け、諸手続きを経て、平成24年12月から建設工事に着手し、1年後の平成25年11月、全て地元岡崎の材木を使い、木材建築の感覚的特性を活かした「温かくぬくもりがあり、肌触りが良く、気分を落ちつかせてくれる香りを放つ」回廊のある平屋建てで、広い園庭がある新しい園舎が完成しました。園長室・職員室から、全ての保育室や子どもたちが活動している様子を見ることができ、安心安全な園生活があり、子どもたちは、夢中になって遊ぶ中で、自分の力を発揮し満足感と達成感を十分に味わうことができます。そして、この呼吸する木の生命感を醸し出す新園舎に、温かく包み込まれて育つ子どもたちに、職員だけでなく、地域の方々の温かいまなざしが注がれています。

こうした自然環境に恵まれた幼稚園は、春には、裏山で木々を渡ってウグイスが鳴き、花壇には、モンシロチョウやアゲハチョウが舞い、夏には、各種の昆虫が飛び交い、園内のクヌギで樹液をなめているカブトムシやクワガタを見つけて大興奮しています。また、秋には、ツクツクホウシが涼風を誘い、赤とんぼが朝顔の竹竿で羽根を休め、岡崎市の鳥ハクセキレイのつがいが訪れます。さらに冬には、以前、タヌキの親子が出没したこともあり、畑にモグラの抜け道を発見することなどがあります。

第二早蕨幼稚園 園長 落合 裕美

第二早蕨幼稚園のあゆみ第二早蕨幼稚園のあゆみ

昭和48年 4月 第二早蕨幼稚園創立
昭和48年10月 岡崎市洞町(現在地)新園舎に移転新築
昭和49年 4月 学校法人清光学園岡崎女子短期大学付属第二早蕨幼稚園として開園
平成 5年 7月 園舎東側道路土手丘陵地にアスレチック工事完了
平成14年 7月 創立30周年記念運動会実施
平成19年 4月 セキュリティ対策防犯カメラ設置工事
平成23年 3月 学校法人清光学園評議委員会・理事会で新園舎計画承認
平成23年 7月 新園バス [ハッピーキッズ] 納車・運行開始
平成23年 7月 さわらびホール空調設備完了
平成23年 9月 園舎改築に係わる技術提案(簡易プロポーザル方式)業務説明会
平成23年10月 園舎改築に係わる技術提案書等第一次審査(第1回業者選定委員会)
平成23年11月 園舎改築設計業者 [都市企画(株)アトリエHOMMA] に決定
平成23年12月 園舎改築委員会スタート(以降10回開催)
平成24年10月 園舎改築工事請負業者 [内藤建設(株)] に決定
平成24年12月 園舎改築工事 起工式
平成25年 9月 さわらびホールにグランドピアノを新たに設置
平成25年10月 創立40周年記念運動会実施
平成25年11月 園舎改築工事 完成
平成25年12月 木製総合遊具を新たに設置
平成26年 1月 ジャングル登降棒を新たに設置
平成26年 1月 園舎竣工記念式典

ページの先頭へ

ページの先頭へ