岡崎女子大学
岡崎女子短期大学

女性力研究所女性力研究所
背景

岡崎女子大学・岡崎女子短期大学

大学案内

理念・教育目的とポリシー

  • 岡崎女子大学
  • 岡崎女子短期大学

ポリシー

岡崎女子大学の全学アセスメント・ポリシー

本学の学修成果のアセスメントは、全学的な「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」の一貫性を視野に、全学的な「卒業認定・学位授与の方針」に示す能力(人間力、専門力、課題探究力、実践力・地域貢献力)の修得状況を複数の評価項目を用いた評価により実施する。

取得資格

取得資格

小学校教諭一種免許状
幼稚園教諭一種免許状
保育士資格
インクルーシブ教育士(学内認定資格)
ピアヘルパー(受験資格)

教育・研究について

岡崎女子大学の基本情報
大学名 岡崎女子大学
開学日 平成25年4月1日
建学の精神 自己実現と社会貢献
学部学科 子ども教育学部子ども教育学科
教育形態 保育・教育系単科大学
定員 100名
学位名称 学士(子ども教育)
英訳 岡崎女子大学:Okazaki Women’s University
子ども教育学部:Faculty of Childhood Care and Education
子ども教育学科:Department of Childhood Care and Education
学士(子ども教育):Bachelor of Childhood Care and Education
取得可能な資格 小学校教諭一種免許状/幼稚園教諭一種免許状/保育士資格
インクルーシブ教育士(学内認定資格)/ピアヘルパー(受験資格)
子ども教育学部の教育研究上の目的

岡崎女子大学は子ども教育学部子ども教育学科を設置する教育保育系の単科大学である。子ども教育学部子ども教育学科の定員は100名であり、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格を取得し、主として小学校・幼稚園・保育所・こども園・児童福祉施設などへの就職を目指す教員や保育士を養成する。
子ども教育学部子ども教育学科の教育研究対象は、教育学・保育学である。子ども教育学部は、伝統的な教育学・保育学を教育研究の中核としつつ、変容する現代社会のニーズを的確に受け止め、子どもを取り巻く複雑で多様な問題に関して柔軟な視点を用いた研究を行い、その成果を保育者養成に具体的に反映していくことをその教育的使命としている。

子ども教育学部においては、人間としての基盤を形成する幼児期の子どもに中心的な関心を当てつつ、学童期の子どもにも視野を広げた教育研究を行う。

ポリシー

岡崎女子短期大学の全学アセスメント・ポリシー

本学の学修成果のアセスメントは、全学的な「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」に示す能力(人間力・専門力・地域貢献力)の修得状況を複数の評価項目を用いた評価により実施する。

取得資格

幼児教育学科

幼稚園教諭二種免許状
保育士資格
オカタン子どもサポーター(学内認定資格)
ピアヘルパー(受験資格)

現代ビジネス学科

サービス接遇検定
日商簿記検定
MOS検定
ITパスポート試験
CAD利用技術者試験
医科医療事務技能者検定
医科医療コンピュータ検
医療秘書技能検定
FP技能検定

教育・研究について

岡崎女子短期大学の基本情報
大学名 岡崎女子短期大学
開学日 昭和40年4月1日
建学の精神 理性と伝統の上に立った自由と創造は、教育の生命である。
この精神に基いて、本学は心身ともに、健全にして、高き知性と豊かな情操をもって、国家社会の発展に貢献する、有能な女性の育成を目的とする。
学部学科 幼児教育学科第一部/幼児教育学科第三部/現代ビジネス学科
教育形態 保育・教育系単科大学
定員 幼児教育学科第一部 172名/幼児教育学科第三部 80名/現代ビジネス学科 50名
学位名称 幼児教育学科:短期大学士(幼児教育)/現代ビジネス学科:短期大学士(経営実務)
英訳 岡崎女子短期大学:Okazaki Women’s Junior College
取得可能な資格 幼児教育学科 幼稚園教諭二種免許状
保育士資格
オカタン子どもサポーター(学内認定資格)
ピアヘルパー(受験資格) 現代ビジネス学科 サービス接遇検定、日商簿記検定、MOS検定、ITパスポート試験、CAD利用技術者試験、医科医療事務技能者検定、 医科医療コンピュータ検定、医療秘書技能検定、FP技能検定、
学科ごとの教育上の目的
学科の名称 学科における人材の養成に関する目的その他教育研究の目的
幼児教育学科
第一部
豊かな感性と良識を兼ね備えた教養人であると同時に、多様化する現代の保育・教育ニーズに対応できる、
優れた実践力を持つ保育者の育成
幼児教育学科
第三部
就労することにより職場で得た豊かな経験や職業意識と、学校での豊かな教養と深い専門性の学びとを結び
つけ、多様化する現代の保育・教育ニーズに対応できる優れた保育の実践力を持つ保育者の育成
現代ビジネス学科 経営の全体をとらえたうえで、組織内での自らの役割と仕事への正しい理解をもつ自律的な現代女性職業人の育成