プロジェクトの概要 PROJECTS 研究領域

「病院」「保育園・幼稚園」「屋内外」の環境における子ども好適空間について研究しています。

プロジェクトの概要 PROJECTS 研究領域 プロジェクトの概要 PROJECTS 研究領域

「病院」「保育園・幼稚園」「屋内外」の環境における子ども好適空間について研究しています。

SWIPE

研究カテゴリー

上記の環境の研究を3つのカテゴリーで研究しています

CATEGORY 1CATEGORY 1保育環境・先行事例の分析

保育現場における危険事例と
よりよい保育環境に関わるアンケート調査
保育園、こども園等の危険事例のアンケートを実施し、保育現場における「ヒヤリ、ハット」の事例収集や保育者の意識調査を行い、事故防止に役立つための保育に生きるチェックリストを作成するために研究を進めています。
研究代表者:
林陽子
研究分担者:
櫻井貴大、野田美樹、横田典子

研究アーカイブを見る

定点観測による
保育者の空間デザイン意識の研究
岡崎女子短期大学付属「嫩幼稚園」「第一早蕨幼稚園」「第二早蕨幼稚園」の三園の保育室内を季節毎に定点で撮影し、「潜在的な知」として保育者が持っている空間デザイン要素を、他の事例と比較しながら顕在化していきます。
研究代表者:
町田由徳
研究分担者:
黒野伸子

研究アーカイブを見る

自然科学分野の屋内外の活動における
『子ども好適空間』の要素に関する研究
「親と子のネイチャーウォッチング」や「夏休み科学相談室」を開設。学生たちが主体的に運営し、親子の活動を支援する取組みを通して、参加する親子や学生たちが自然や科学に楽しく触れることのできる空間を追求します。
研究代表者:
宇都宮森和
研究分担者:
祝田学、長野八千代

研究アーカイブを見る

子ども好適空間事例調査
子ども好適空間研究の拠点である「hyggeLab」の実現に向け、子どもの成育環境のモデルケースとされる幼稚園、保育所等の先行的事例を総合的に調査し、収集したデータ、画像等をアーカイブすることを目的としています。
研究代表者:
佐善圭
研究分担者:
滝沢ほだか、野田美樹、町田由徳

研究アーカイブを見る

CATEGORY 2好適空間を構成する要素

屋外環境における
好適空間と保育の質の研究
子どもたちが自由な発想で「ワクワク!ドキドキできる」冒険遊び場を作って遊ぶ事例を調査・研究しています。
また、独自に作成した尺度を用いて評価をして、それらの環境と質について検討をしていきます。
研究代表者:
山下晋
研究分担者:
小原倫子、米窪洋介、渡部努、町田由徳

研究アーカイブを見る

医療空間、商空間における
子ども好適空間の研究
医療空間および商空間において、子どもたちの「安全・安心が確保」され、「好奇心が持てる」遊び環境とは何かを解明し、快適な空間設計ができる事務職員を養成することを主な目的として研究を進めています。
研究代表者:
黒野伸子
研究分担者:
滝沢ほだか、町田由徳

研究アーカイブを見る

子どもの音環境の研究
子ども好適空間の基礎となる音環境とはどのようなものなのか、保育現場や医療機関の音環境について、調査と試行改善を通して明らかにします。
また、子ども好適空間を構成する音環境について、基準の策定を目指します。
研究代表者:
滝沢ほだか
研究分担者:
北浦恒人、平尾憲嗣

研究アーカイブを見る

幼稚園における絵本空間の研究
幼稚園における絵本空間の理想的な在り方を、先進的な幼稚園の絵本美術館や絵本館などの姿を参考に探り、実際に限られた空間や予算内においてどのような工夫ができるのかへの検討にも繋げていきたいと考えています。
研究代表者:
鈴木穂波

研究アーカイブを見る

幼児期における感受性と表現力を養う
保育空間の研究
本研究は、イタリアのレッジョ・エミリアでの教育視察を元にした遊具開発を行い、本学付属幼稚園に設置することで、聴覚や触覚などの感覚による、子どもの創造的な遊びと空間の関わりについて研究を行っていきます。
研究代表者:
米窪洋介
研究分担者:
平尾憲嗣

研究アーカイブを見る

CATEGORY 3子ども好適空間の普及のための研究

子どものための空間、プロダクトの
デザインとビジネス化の研究
子どもならではの発想や行動特性を理解し、「子どもの安全」を確保するため、乳幼児が自ら危険な環境を忌避するための製品として「チャイルドレジスタンスステッカー」(仮称)のデザイン研究に取り組んでいます。
研究代表者:
町田由徳

研究アーカイブを見る

PAGETOP