ソトでアソボー オープンキャンプス ソトでアソボー オープンキャンプス
MISSION 10年後、外であそぶこどもはいるのだろうか? 今のこどもたちは、家の中のあそびに慣れすぎてしまっていないか? 「あそび」といえば、おうちでゲームやパソコン、おもちゃになってしまっていないか? 与えられたものだけで遊んでいると、いつか「考える」ということを忘れてしまう。たとえ、新型コロナウイルス感染症が終息したとしも、外で遊ぶことを知らないこどもたちは、このまま家にこもり続けてしまう。こどもの育ちを常日頃考える私たちには、そんな気がしてなりません。この、今世の中にある問題を、こどもたちの育ちと未来を守るために解決したい。そんな想いから、岡崎女子大学・岡崎女子短期大学の学生によるこどものためのプロジェクトが立ち上がりました。 10年後、外であそぶこどもはいるのだろうか? 今のこどもたちは、家の中のあそびに慣れすぎてしまっていないか? 「あそび」といえば、おうちでゲームやパソコン、おもちゃになってしまっていないか? 与えられたものだけで遊んでいると、いつか「考える」ということを忘れてしまう。たとえ、新型コロナウイルス感染症が終息したとしも、外で遊ぶことを知らないこどもたちは、このまま家にこもり続けてしまう。こどもの育ちを常日頃考える私たちには、そんな気がしてなりません。この、今世の中にある問題を、こどもたちの育ちと未来を守るために解決したい。そんな想いから、岡崎女子大学・岡崎女子短期大学の学生によるこどものためのプロジェクトが立ち上がりました。
日本一、こどもが外であそんでいる街へ。 私たちの住む岡崎市が「日本一こどもが外で遊んでいる街」と呼ばれるようになりたい。一歩外に出れば友達がいる。草や、木の実や、土にふれて、毎日新しいあそびを発見する。そうして自然と、街と、人と交流することで、こどもながらに社会というものを知っていく。こどもの発想力・想像力をおうちの中だけにとどめないためにも、こどもに安心して「外であそんでおいで」と言える街にならなくちゃ。私たち岡崎女子大学・岡崎女子短期大学は、こどもが外で遊ぶキッカケづくりとして、親子でたのしめる外あそびプロジェクト「オープンキャンプス」を立ち上げました。教育・保育を学ぶ本学の学生たちが、こどもたちとともに外遊びを楽しみます。こどもたちが日常の中で、自然とふれあいながら、楽しく安全にあそべるようにするための、外あそびの場。それが、「オープンキャンプス」です。 日本一、こどもが外であそんでいる街へ。 私たちの住む岡崎市が「日本一こどもが外で遊んでいる街」と呼ばれるようになりたい。一歩外に出れば友達がいる。草や、木の実や、土にふれて、毎日新しいあそびを発見する。そうして自然と、街と、人と交流することで、こどもながらに社会というものを知っていく。こどもの発想力・想像力をおうちの中だけにとどめないためにも、こどもに安心して「外であそんでおいで」と言える街にならなくちゃ。私たち岡崎女子大学・岡崎女子短期大学は、こどもが外で遊ぶキッカケづくりとして、親子でたのしめる外あそびプロジェクト「オープンキャンプス」を立ち上げました。教育・保育を学ぶ本学の学生たちが、こどもたちとともに外遊びを楽しみます。こどもたちが日常の中で、自然とふれあいながら、楽しく安全にあそべるようにするための、外あそびの場。それが、「オープンキャンプス」です。
乙川の河川敷で、あそびの原点にかえる。 第一回オープンキャンプスの舞台は、岡崎市民に慣れ親しみのある、乙川の河川敷。巴山から流れる美しい水が緩やかに流れ、ころころとした小石が集まり、小さな川魚が泳ぐ自然豊かな美しい場所である。自然と関わり、人と助け合い、生き物を愛することを学ぶ。「これはどうやったら遊べるかな?」「いっしょにやればできるかな?」大人もこどももあそびの原点に還って、自然の中でアイデアをどんどん膨らませる楽しさを体験してください。 乙川の河川敷で、あそびの原点にかえる。 第一回オープンキャンプスの舞台は、岡崎市民に慣れ親しみのある、乙川の河川敷。巴山から流れる美しい水が緩やかに流れ、ころころとした小石が集まり、小さな川魚が泳ぐ自然豊かな美しい場所である。自然と関わり、人と助け合い、生き物を愛することを学ぶ。「これはどうやったら遊べるかな?」「いっしょにやればできるかな?」大人もこどももあそびの原点に還って、自然の中でアイデアをどんどん膨らませる楽しさを体験してください。
こどもだけじゃなくて、大人も。 オープンキャンプスの醍醐味は、こどもだけではなく大人も楽しめるイベントだということ。地域の人や、高校生、こどもたちが多く参加し、親子はもちろんお友達とも安心してご参加いただけるようにしています。普段交流できない人との出逢いや、学生との交流も、このイベントの楽しみのひとつ。こどもが各イベントコーナーに夢中になって遊んでいる間、親御さんたちは自然の中に建てられたテントの中でゆったりと子どもの様子を見守ることもできます。近年外あそびが減る背景に、自然の中で遊ばせるのが不安という親御さんも多いでしょう。しかし、自然は正しく向き合えばこどもたちの最高の遊び相手になれる。そのことをこのオープンキャンプスイベントで知っていただきたいと思います。 こどもだけじゃなくて、大人も。 オープンキャンプスの醍醐味は、こどもだけではなく大人も楽しめるイベントだということ。地域の人や、高校生、こどもたちが多く参加し、親子はもちろんお友達とも安心してご参加いただけるようにしています。普段交流できない人との出逢いや、学生との交流も、このイベントの楽しみのひとつ。こどもが各イベントコーナーに夢中になって遊んでいる間、親御さんたちは自然の中に建てられたテントの中でゆったりと子どもの様子を見守ることもできます。近年外あそびが減る背景に、自然の中で遊ばせるのが不安という親御さんも多いでしょう。しかし、自然は正しく向き合えばこどもたちの最高の遊び相手になれる。そのことをこのオープンキャンプスイベントで知っていただきたいと思います。
地域がつながる。未来がつながる。 私たち岡崎女子大学・岡崎女子短期大学はこのオープンキャンプスを通して実現したいのは、つながりをもった街です。外あそびの楽しさを伝えていくことで、街の人たちが外へ出て、人と人が交わり、地域全体がつながっていく。すれ違えば挨拶が交わされて、みんなが顔馴染みの岡崎市。そんな、安心してこどもを外に遊びに行かせられる環境にしていきたい。このオープンキャンプスの狙いの本質は、そこにあります。こどもたちが、まっすぐいきいきと成長していけるように。こどもたちの明るい未来のために、これからも本学は教育・保育をよりよくするプロジェクトを遂行していきます。その第一弾として開催されるオープンキャンプス。ぜひ、体験してみてください。 地域がつながる。未来がつながる。 私たち岡崎女子大学・岡崎女子短期大学はこのオープンキャンプスを通して実現したいのは、つながりをもった街です。外あそびの楽しさを伝えていくことで、街の人たちが外へ出て、人と人が交わり、地域全体がつながっていく。すれ違えば挨拶が交わされて、みんなが顔馴染みの岡崎市。そんな、安心してこどもを外に遊びに行かせられる環境にしていきたい。このオープンキャンプスの狙いの本質は、そこにあります。こどもたちが、まっすぐいきいきと成長していけるように。こどもたちの明るい未来のために、これからも本学は教育・保育をよりよくするプロジェクトを遂行していきます。その第一弾として開催されるオープンキャンプス。ぜひ、体験してみてください。
ソトでアソボー オープンキャンプス 2021.7.18sunday